今、なぜアーユルヴェーダなのか






はじめに 昨今、世界情勢が急激に変化したこともあり、 個人単位での人生の捉え方から、自分も自然界の一部だと位置付け、 地球規模で人生を考える人が増えてきました。 人類全体が大きな転機を迎えたことで、 生命全体の危機を体験した膨大な負のエネルギーを反転させて、 個々が、新たな方向に人生の舵をきろうとしています。 そして、その2極の動きさえ超えて、生命をもっと大きな視点から捉え、 自分と自分を取り巻く環境を全体と調和させて、 生きがいを持って豊かに生きようとする力を、人々の中に見ることができます。 一つのものを追求することで、その中に全世界を見ることもあれば、 世界の全体像を学ぶことで、一つのことや自分を理解することもあります。 個から全を体験することと、全から個を体験することのどちらも重要です。 しかし、現代は情報が溢れて個の世界が特化しており、 部分的な情報は得やすくなりましたが、全体像は掴みにくい時代となりました。 そのせいで、何をするにも迷いが多くなり、 何事においても、決断や判断がしにくくなっているともいえます。 健康においても、肉体の問題ある部分だけを調節しようとする傾向があります。 不調の原因は、人間全体を調べないと、本当はわからないはずです。 しかし、その認識がないがために、部分や細部だけを考えてしまうと、 どんどん自分の体や、自分自身がわからなくなってしまいます。 以上のことを検討するだけでも、今、 自然界の摂理や生命についての全体像を把握することが、 この混乱した時代に人生を好転させる近道だと思えてなりません。 今、なぜアーユルヴェーダなのか アーユルヴェーダの意味は、生命科学です。 よって、生命に関する知識の全体像を持っています。 自分自身を、ホリスティックに捉える観点を持つことで、 人生における苦しみを、大幅に減らすことができます。 人は、肉体と精神と魂が密接に関係して全体を成しているといわれますが、 それぞれの特徴と共に、全体の関係性について認識していなかったならば、 いつのまにか、自身を守るはずの自分が、 知らない間に最強の敵になってしまっていることがあるんです。 例えば以下が、そのような状態です。 1. モンキーマインド 常に彷徨い、固定しないマインドの特徴で、雑念が思考を占領している状態。 マインドは一つしかないので、素早く動き、彷徨いながら、 あらゆる危険を察知して身を守ります。 しかし、そのせいで意識が散漫になり、雑念で心身の疲労を呼びます。 2. 感覚器官の刺激 感覚器官は、常に刺激された情報を脳に送って安全を確保するため、 大変敏感にできています。 しかし、その特徴ゆえに快・不快が生まれ、 感覚器官の異常な刺激は、感情を左右します。 3. 暴れる感情 感情があるから、目的をもった行動ができます。 また、ネガティブな感情は問題を知らせて、自分を守ります。 しかし感覚器官が受ける刺激により、 様々な感情が動き、膨大な情報がマインドに刻まれます。 4. メンテナンスが必要な肉体 肉体があるから、私たちはこの世に生きていられます。 しかし肉体は、食事・睡眠・運動など、常に大量に メンテナンスをしなければならない面倒な性質を持ちます。 精神や感情が暴走すると、心身相関の様々な症状が現れ、それに振り回されます。 5. 変化を嫌う怠け者の脳 脳は生命維持が効率的に働くように、指令を出すパターンが埋め込まれています。 ですから、自分を守るために、脳の機能は常に省エネを選択しています。 しかし、そのせいで脳は変化を嫌い、怠け者になっています。 訓練しない限り、そちらに引っ張られ、肉体やマインドを健全に 鍛えることが難しくなります。 以上、おおまかですが、それぞれ特徴があり、全体が関係しています。 感覚器官の刺激によって、強い