本日の、UFO系シンクロ率に驚き‼️明日は何かが起こる?その予感にざわめきいてぐるぐる。東経135度。


私、今日、noteに、マコモの記事を上げたよね。

天橋立でアップした記事です。またまたシンクロが始まる。



宇宙人系の方々は、いつも、

私に薬草を通してコンタクトをとってくる。


先日はホーリーバジルのトゥルシー!

今回はマコモ。


明日、私は初めて「多可町」に行く事になりました。

お誘いを受けて、素晴らしい古民家のゲストハウスに伺います。

そちらのご夫婦も、突然導かれて多可町へ

引っ越して来られた。



「多可町」は、東経135度上の町。

この東経135度上には、知らず知らずに

ゾクゾクと不思議な人が集まってきている。


私の家も、東経135度北緯45度上にある。

子午線塔も代々うちの敷地内に立っている。


東経135度物語は、12年ほど前に知り、記憶では知っていた。


しかし、まるで私はそんな考えがよぎる事もなく、40年ぶりに実家に戻るはめになった。


なので、自分では意識すらしていませんでした。


ただ、この地に戻ってから、焦点がピタリと合って、歯車が回り出したのは、感じてました。


様々な気づきが訪れて、今まで、海外や遠い世界まで行って、探し求めてきた、謎や知識が、自分の家やその周りに沢山あったのです。


何故、今まで、全く気づかなかったのか、

認識できてなかったのか、

リンクされてなかったのか、

とても不思議で仕方がない。


そして、まわりから、当たり前のように、

「あなたも、こっちね!」っと、


「やはり、ジャストなタイミングで、

帰ってきたのね。」


と、いわれまくり、


そうかこの、不思議な歯車があったような感触は、

そういう事かと、覚悟が決まり、

魂のスイッチが入りました。



シンクロが数々続き、

ものすごいスピードで、

謎がどんどん解けていく。


思い込み?だけど、そうとも言ってられないくらい、連続でやられたりすると、もはや当たり前になり、そういうものだと、ゲームを楽しむ方が得策。


受動的に委ねて楽しもう。


今回私を多可町に、誘ってくれた方は、

先月に、劇的な出会いをしたばかり。

私の家に立ち寄られただけだったのに、 


初対面で、私がUFO体験を諸々持っている

という話しを引き出され、 

一気に繋がった方でした。



その方が、2週間前に、ある先生の

DVDを、「きっと通じるものがあるから、

ご覧なさい」と言って、

沢山貸して下さった。


私はそのDVDを、プレーヤーで、何度作動しようとしても、ぐるぐる回るだけで、起動しない。1枚も見れない。


DVDは、大変有名な物理学者の先生の話しで、

それだけ、社会的地位があるのに、

内容はまさにUFOの話しばかりだそう。


見たいけど、動かないから仕方ない。

私は車を持っていないので、近くに電気屋もなく、店自体がない限界集落の田舎では、

今日までどうする事も出来なかった。


しかし、今朝、たまたま、

父が車使う用事がなくなった。


私は、急に車を借りる事にして、

気分転換に天橋立でいつものカフェで仕事をした。


仕事の合間に、マコモの記事をnoteにあげた。


この記事がくせもので、     


今まで、何度アップしようとしても、     

トラブル続きで、アップできない。


お正月にマコモの記事を出して、載せるはずだった。記事はかけている。


最初は担当スタッフがアップしてくれるはずだった。

けれど、体調を崩してなかなかアップされないままとなった。


仕方なく、わたしが、アップしようとすると、記事が飛ぶんです。何十日やっても、記事がアップできない。写真を入れてるうちに、バーンと、全てが無に帰す。夜な夜なやって、疲れはてました。


その後、別のスタッフにアップしてもらう事になった。


しかし、次々にスタッフが、病気になったり、仕事が忙しくなったりで、担当スタッフが3人も変わった。


最終的には、一度も、誰も記事をあげてくれる事はなかった。


私はマコモのコンテンツを書きまくった。書いて書いて、溜めて。4ヶ月がすでに立っている。


一記事もアップされない。


ところが、本日、急にマコモの記事がアップできた。公開出来たのです。こんな事、あるかなあ?


写真も入ってアップできてる。

今までと、同じやり方なのに。

何故?


まあ、いいや。出来たのだから。

そう思い、切り上げて、帰る事にした。


天橋立から帰り道、ふと電気屋さんの前を車で、通り過ぎた。あっと思い出して、後戻りしてDVDプレーヤーを購入した。


さて、新しいプレーヤーだと、動くかなあ?


明日、借りてるDVDを本当は返したかったけど、無理だなあ。せめて、1枚だけでも見よう。9枚もお借りしているから。


さて、見れました。

第一回目のお話しは、


えー、気仙沼の話?


その時少し、マコモの事が気になった。


つい、さっきまで、記事を書いていて、マコモ菌が発見された舞台も気仙沼だから、あっとは思いました。


でも、関係ない話しで終わった。


と、思ったら、再度気仙沼に行った話。

へーまた?



その時、なんか、わかっちゃった。

マコモの話になるって。


やはり、「マコモ菌」って言ったよねー。


まさか、ドンピシャでくる?

しかも、ただのマコモでなくて、

「マコモ菌」という言葉が出た。


私が今まで取り組んできた事、 

調べて来た事、

自社で化粧品まで発売したやつー。

なかなか情報や本がないやつ。

それがマコモ菌。


マコモ菌の創始者の息子さんと、

初めて出会われた話しをされている。  

ずーっとマコモ菌の不思議な

話しばかりされている。


私も先日、創始者のお孫さんと

お電話で長話しをしてました。


ドンピシャ、マコモ菌のお話しが、

延々と続く。


これは、私のために用意された事

今ならわかる。


ずーっと気仙沼に来なさいと、

その創始者のお孫さんから

誘われている。


行かないと。



そうか、今日この日に、

マコモをnoteに初めてアップして、

マコモ菌の話しをDVDで見て、


それから、明日、このDVDを貸してくれた方と、

多可町に行く。


何かいちいち、細かく意図を感じるのです。


え、マコモの話が終わったら、

また、何度DVDを入れても作動しない。

時間をおいて、また、電源を切って、

何度も何度も、本当に何度も再生しようと

頑張ってるけど、全く再生できない。

続きの話も聞きたいのに。


これも、何かなのでしょうか。

諦めて、、、


ふと、その時、家の玄関に行ったら、

Amazonから本が届いているのを見つけました。


「天皇の龍」という本でした。


「UFOに乗った事がある高校の教師の方が書いた本よ。」と、この、本も、DVDを紹介して下さった、同じ医師の方が教えてくれました。


本を手にして、開いてみた。何かしおりみたいなのが、挟まってる。そのページを開いた。


「籠神社」「真名井神社」という文字が、目に飛び込んできた。


その場所は、さっきまで、私がいたところです。

天橋立です。マコモを書いてたところです。


まだ、マコモくるなあー。


籠神社は元伊勢。昨年人を案内して、

4人で行き、4人とも

おみくじが大吉で、盛り上がりました。


その奥にある、私の最も好きな真名井神社。

すごい勢いで、

ピリピリエネルギーが降ってくる場所。


昨年帰ってきて、はじめて真名井神社にいくと、

宮崎の真名井へ行きなさいと、言われた。

ん、そんな気がして、すぐに行ってきました。


インドの創世神話と、日本の神話がリンクしてくる。私が惹かれてきたものの、根源が、丹後と但馬のこの辺りに潜んでいる。


何度も何度も、面白いくらい、

ヒントをくれてるんですね。

私の役割を思い出させてくれる。

やらなくっちゃ。


この宇宙の創世物語には、必ず、


ケイ素、マコモ、ソマチット、錬金術、アーユルヴェーダ 、水銀、硫黄、薬草、壺、創世神話、、、

赤い玉、香、微生物、、、、、、


などが、関わっている気がする。そして、


これら、みんなufoとも関係していると思う。


薬草が引き金となって、眠れる鉱物を蘇らせるのかもしれない。鉱物にはソマチットが眠り、薬草にかケイ素が存在している。


マコモ菌もソマチットも、ケイ素がエサだから。


マコモ菌もソマチットもコンデンサーである。

魂の物質としての形。


いろいろ予感だらけの、前夜です。



天橋立